04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学反応しながら ~夫婦茶碗~

知り合いのAさんが、
だんだんスリムな身体になってきたので、
どうしたのかと尋ねたら、
少し前からジョギングを始めたとのこと。

しかもそのきっかけは、
私が時々話す各地のマラソン大会の様子が、
なんだか楽しそうだったからだそうで。

私は大会先で何がおいしかったかを
メインに話していた気がするので、
そんな私の話を聞いて
走り始める人がいるなんて意外でした。

その後、Aさんに数年振りに会った
古くからのご友人のBさんが、
Aさんの身体の変化ぶりに驚いて、
ジョギングを始めたそうで。
Aさんが、かなりスリムになったので、
説得力があったようです。

そこでまた話が盛り上がって、
最近サボっていたレース参加を
私も再開したのでした。

人って、人に影響したり影響されたり、
化学反応をおこしながら
過ごしてるんだな~と実感しています。


話は変わりますが、
こちらは私のろくろ初作品。夫婦茶碗を作りました。
059_convert_20130215234040[1]
昨年12月に両親が金婚式を迎えました。

いまさら何を照れているのか、
お祝いの食事会は恥ずかしいからと
却下されましたが、
二人揃って元気でいてくれることに感謝しながら、
プレゼントのみ渡しました。

こちらの科学反応は、
親不幸な娘に苦労したり、
しょっちゅう喧嘩したり、
冗談を言い合ったりしながら50年。

50年も一緒にいるなんて、
それだけで尊敬です。
いつまでも元気でいてほしいです。

訪問していただきありがとうございます
スポンサーサイト

ヨロシーサー

久しぶりの陶芸作品の登場です。
今年はろくろの修練中で、
思うように作品が出来あがらずにいます。
141_convert_20121124202349[1]
そんな時、私の遊び心を刺激してくれたのが、
浅草の路地を散策中に見つけたお店のショーケース。
沖縄料理だったかな?
なんのお店だったかは忘れてしまいましたが、
このコレクション、いいですよね。
一つ一つの作品が、かわいくて、温かくて




143_convert_20121124202448[1]
途中まではこの子たちを目指していましたが、




013_convert_20121125225908[1]
ろくろ修練の反動か
遊び心にメラメラと火がついて
どんどん楽しくなっちゃって


こんなんなりました
005_convert_20121126000559[1]
good job! いえ~い



玄関で見送り、出迎えをしてくれています。
002_convert_20121124201605[1]
よくやってるな!いいぞ


がんばっているあなたが、いつも笑顔でありますように


訪問ありがとうございます

師匠の手、師匠の生き方、師匠の悩み

私の陶芸の師匠(勝手に弟子入り)の手です。
素敵な作品を紡ぎだす魔法の手です。働く手、職人さんの手っていいですよね。
012_convert_20120804195524[1]


我が師匠の陶芸との出会いは、大学生のころ旅先でたまたま体験した陶芸教室だったそうです。
それから陶芸に魅了されて、学生時代は何度も陶器の産地へ行き、
会社勤めをするようになってからも自宅に道具を揃えるほどに。

しかし30代に入り娘さんが生まれたころ、
仕事上の責任が増すにつれてプライベートの時間はどんどん減って、
帰宅は毎晩のように深夜に及び、陶芸もできないばかりか、娘さんの寝顔を見るだけの毎日に。

「やりたいことを我慢している自分」「自分が娘に対してどうありたいか」といろいろ悩み、
「たとえ金回りが悪くなったとしても、自分らしく生きているほうがいい。
娘が成長して会話さえしなくなるときが来るかもしれないけど、
そんな時でも父親の姿は見せられる。その時に、
眉間にシワを寄せてサラリーマンをやっている姿よりも、
自ら好きだといえる自分を娘に見せたい」と一大決心。
愛知県にある窯業高校専攻科で2年間学び、陶芸家の道へすすまれたそうです。




師匠はシャイな方なので、この話は、
たまに開かれる飲み会でしかお聞きしたことはありませんが、
その生き方がかっこよくて、一緒にいるとパワーをもらえます。
陶芸家として生きていくにも苦労(特に収入面)はいろいろおありのようですが、
自分の納得のいく生き方をしている師匠は、肩の力が抜けていて“いい感じ”です。

そしてこの師匠の“生き方”にOKを出せちゃう奥様が、なによりかっこよくて素敵です


昨年まで教室にちょくちょく顔を出して、
パパと楽しそうに作品作りをしていた娘さんも、この4月から中学生。
パパとは口をきいてくれないのが最近の師匠の悩みです。
それでもひたすらに師匠は土と向き合うのでした。

いつかまた一緒に作品作りをする日が来ると思いますよ、師匠。






ところで、最近、陶芸ネタが少ないのは、
陶芸をはじめて1年半経ってようやく「ろくろ」にとりかかるようになったのですが、
うまくいかないのですよ、悲しいくらいに…。
“芯をとる”というのが難しい。
021_convert_20120804194600[1]
一番左が師匠が見本で作ってくださった作品。
残りの3つが私の作品
同じ形を目指しているのにね


乾かした後の削りの作業では、
012_convert_20120804194940[1]


さっさと仕上げたい私の焦りが出て、底を開通させてみたり…。
今は作っては壊し、作って壊しの繰り返しで、苦戦しています
いつ完成品がアップできるかな~。
気長にお待ちくださいね
014_convert_20120804195207[1]
いつも訪問ありがとうございます

夏本番 お身体、ご自愛くださいませ

おひなさまの秘密 

おだいりさま と おひなさまです。時期ですからね。
078_convert_20120301233319[1]



きれいな色は出たかな~、
パーツはちゃんとついてるかな~と、
焼き上がりのご対面は、いつもワクワクドキドキ





004_convert_20120301233648[1]
ヅラが・・・ずれてる・・・。
本焼きで焼きついてる動かしようがないヅラ・・・。
これって、放送事故ですよね。
笑っていいところですから、遠慮なく笑っていいですよ。
私も大爆笑しちゃいましたから



006_convert_20120301233752[1]
模様もボロボロでかわいそうな状況でしたが、
まあ、人生にはハプニングが付きもので、
これも修行のうちかなと気を取り直し、
「上絵の具」(一度焼いた上から描ける絵の具)で整形手術。
前髪や模様を描いて、もう一度窯へ。



030_convert_20120303220709[1]
いろいろありましたが、可愛く仕上がってくれました
ひな祭りの日に間に合ってよかった


いつも訪問していただき、ありがとうございます

ゆるキャラにはなれない… ~辰のメガネスタンド~

辰年の母にプレゼントしようと思い立って、メガネスタンドを作ることにしました。
074_convert_20120130204500[1]
先生のアイディアで、“うろこ”は直角の彫刻刀をあててみたら、とても“うろこ”らしくなって、


077_convert_20120130204630[1]
作り始めは「ゆるキャラ風」を目指していましたが、だんだんゴツクなって、
どこを目指していたのかわからなくなっていきました
途中、「辰はゆるくはならないな…」と悟り、
「なるようになる」と開き直って作り続けました



106_convert_20120130204749[1]
素焼きができて、辰には織部で色を付け、
全体に御深井(おふけ)という透明感の出る釉薬をかけました。


そして仕上がりは、こんな感じです。
105_convert_20120130212642[1]
全体的に淡い色合いになってくれたので、
想像していたよりかわいらしくなってよかったです。

“うろこ”は触るとチクチクして気持ちいいです。
つぼ押し効果があるかもしれない

中にフェルト生地でクッションをつけたら完成です。
喜んでくれるかな
母の反応が楽しみです。


いつも訪問ありがとうございます

プロフィール

toretatetomato

Author:toretatetomato
ようこそ!
コメント、拍手お待ちしています。
リンクも歓迎しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。